大人も子供も楽しく飛んで元気になろう!トランポリンの正しい飛び方!!

こんにちは!
秋を感じる間もなく急に寒くなりましたね。それでも子供たちは元気いっぱい遊んでほしい!
そんなわけで、今日は知っているようで知らない、トランポリンの正しい飛び方についてお話をします。

☆トランポリンの正しい飛び方☆
両足は肩幅ぐらいに開きます。つま先は真っすぐか、やや内側に。
跳ぶ際はつま先ではなく、足裏全体でトランポリンを蹴りましょう。
そして空中では膝を曲げないように体をまっすぐに飛びましょう。
ジャンプしているときは、タイミングを合わせて手を体の横で大きく回すとよりバランスがとりやすくなります。

★注意点★
トランポリンで遊んでいるとどうしても背中と膝が曲がってしまいがち。
空中で体育座りのうような姿勢になってしまうお友達がとても多いです。
また、膝が顎まで上がっている子ども達もよく見られます。
「高く跳びたい!」という気持ちから必死になってしまってバタバタしてしまっていることも。
ですが、そんな必死な思いはひとまず我慢して、正しい姿勢と跳び方でゆっくりと落ち着いて練習することが大事です。

☆トランポリンのいろいろなテクニック☆
姿勢についての説明は基本のお話。
ステップアップすれば、空中で膝を抱えてみたり、お尻から落ちてみたり。
上手になれば、色々な技にも挑戦してみてください♪
BERG社からこんな動画がアップされているので、ぜひご覧ください!

BERGのトランポリンは、耐久性に優れており大人から子供まで楽しめます。
目的やご予算に合わせた4種類のトランポリンをご用意しておりますので、ぜひ商品ページをごらんください♪

『Talent』

BERG Talent 240 (8 ft) + Safety Net Comfort ベルク社トランポリン タレント240 セーフティーネットセット


『Favorit』

BERG Favorit 330 + Safety Net Comfort ベルク社トランポリン フェイバリット 330 セーフティーネットセット


『Champion』

BERG Champion + Safety Net Comfort ベルク社トランポリン チャンピオン330 セーフティーネットセット


『Elite+』

BERG Elite+ Regular Red 380 + Safety Net T-series ベルク社トランポリン エリートプラス レギュラーレッド380 Tシリーズ セーフティーネットセット

トランポリンを正しい姿勢で飛ぶことは、子供の体にさまざまなメリットをもたらすことが分かっています。
次回はそんなトランポリン運動の驚くべき効果をお伝えしたいと思いますので、お楽しみに!!